" " " "

新着情報

2021.12.17

プレスリリース

関西エリア5G・ローカル5G業務拡大で大阪オフィスを移転・増床

~ 東京本社オフィス移転に続き積極投資で社内体制を強化 ~

IoT/5G時代のインフラパートナーとして通建テック(R)を標榜する株式会社バディネット(代表取締役社長:堀 礼一郎)は、関西エリアでの5G・ローカル5G通信建設業務拡大に伴い大阪オフィスを移転し、敷地面積を2.5倍に増床いたします。その内容について下記のとおりお知らせいたします。

バディネット 大阪

【オフィス移転の目的】
ローカル5Gとは、限られた建物の一部や敷地など局所的なエリア内に構築する5Gネットワークのことで、通信キャリアが提供するパブリック5Gとは異なり、ローカル5Gを導入する企業や自治体が各々の目的に応じて独立した形で構築できる自営のローカル無線ネットワークです。最近では、工場や建設現場、病院、観光、エンターテインメントなど様々な業界でローカル5Gの導入が検討、実行されており、オフィス内に導入する企業も増えてきました。

ローカル5Gの導入が進む背景には、IoTの普及によりデータ量が爆発的に増える過程で、既存のLTEやWi-Fiよりも高速な通信網に対する需要が高まっているためです。AIによるデータ解析(ビッグデータ・ディープラーニング)を行うために収集される画像や映像は高画質となる分、扱う容量も膨大となることから、5Gの特徴である低遅延も求められています。

Society 5.0に向けた社会課題を解決するプラットフォームを目指す「JEITA(一般社団法人電子情報技術産業協会)」は、ローカル5G市場の世界需要額が年平均65.0%増で成長、2030年に10.8兆円に拡大し、日本国内では、2030年に1.3兆円の需要額に上る見通しと発表しました(2019年12月18日)。IoT機器としてはロボット、ドローン、自動運転車が需要を牽引し、ソリューションサービスとしては製造分野向けが需要を牽引すると予測されています。

バディネットでは、このローカル5Gの需要拡大に応えるべく、今年6月に完了した東京本社オフィスに続き、大阪オフィスを移転し、敷地面積2.5倍に増床いたします。また、同オフィスにはIoTデバイスの製造販売事業を行う株式会社AKIBAホールディングス(東証JASDAQ:6840)のグループ企業である株式会社アドテックが当社との連携強化を目的に入居いたします。ローカル5Gに関する通信建設工事・保守のご依頼は専用フォームよりお問い合わせくださいませ。

【移転先情報】
所在地:〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-18 朝日生命道修町ビル6F
最寄り駅:京阪本線・大阪メトロ堺筋線北浜駅(徒歩3分)
営業開始日:2021年12月20日(月)

【株式会社バディネットについて】
株式会社AKIBAホールディングス(東証JASDAQ:6840)のグループ企業である当社は、各社のネットワークとICTを徹底活用した「通建テック(R)」により、コストや人材不足などの課題を解決し、基地局建設の圧倒的な低コスト化を実現しています。また、近年は某大手通信キャリアの国内唯一の社外パートナーとして、LTE/5G/LPWAなどのネットワークインフラの構築やIoTサービスの開発といった先進分野で、多くのプロジェクトを推進し事業を拡大させています。