コラムTREND

ネットワークカメラの設置工事・保全保守

ネットワークカメラの設置工事・保全保守

こちらのページでは、ネットワークカメラ(IPカメラ)の設置工事・保全保守業務を行う株式会社バディネットがネットワークカメラに関する情報を紹介しています。当社のサービス導入事例は防犯カメラ監視カメラ設置工事・保守にてご確認くださいませ。また、各種お問い合わせは、本ページ下部にあるボタンよりお願いいたします。

ネットワークカメラって何?

ネットワークカメラとはNWとも表され、カメラとパソコンが1つに合体しインターネットに接続可能となったデジタルビデオカメラの総称です。ここ数年で低価格化が進んだこともあり、以前のアナログ方式からデジタル方式へと大きく移り変わりました。ネットワークカメラの仕組みとして、本体にコンピュータが内蔵され、端末ごとにIPアドレスが割り振られているので、単独でインターネットに接続できる点が大きな特徴となります。

ネットに繋がるパソコン機能が使えるということは、遠隔地からスマホ(スマートフォン)でカメラの映像を確認することや、インターネット経由で録画データを保存することができます。また、映像を閲覧だけでなく、スマホやPC・タブレットといったデバイスから操作を行え、撮影する方向を変えたりズームすることも可能です。ここで、よく混同されるカメラタイプとの違いを比較してみましょう。

ネットワークカメラ 保守

IPカメラ(アイピーカメラ)

ネットワークカメラと同義です。上述のとおり、カメラにIPアドレスが割り振られていることが大きな特徴のため、「IPカメラ」とも言われます。

アナログカメラ

「同軸カメラ」とも呼ばれ、全てのカメラからレコーダーに同軸ケーブルを繋げ、更にカメラごとに電源を取る必要があります。そのため、屋外など場所によっては電源を取ることが難しい場合も少なくなく、カメラの設置ができない、または別途電源工事が必要というケースが発生します。

WEBカメラ(ウェブカメラ)

これは、ネットワークカメラと間違われますが、実際は異なります。WEBカメラは、パソコンと一体型にはなっておらず、USBケーブル等を利用してコンピューターに接続するため、WEBカメラ単体では動作しないのです。身近な例としては、ノートPCの上部に付けるタイプのカメラがウェブカメラです。

クラウドカメラ

別名「クラウド録画」とも呼ばれ、ネットワークカメラで撮影した映像データをクラウド上で録画する仕組みを指します。つまり、IPカメラ側で記録装置を搭載していなくても、いつでもインターネットを介して必要なデータの記録や取り出しができるのです。ちなみに、クラウドカメラにはレコーダーの設置場所が不要だったり、故障や盗難の心配がないといったメリットがある一方で、インターネット回線が途切れたら録画がされないといったデメリットもあります。

ワイヤレスカメラ

これは「無線カメラ」「Wi-Fiカメラ」と呼ばれ、上述のクラウド上に撮影データをアップロードする際の通信方式が無線で行えるカメラを指します。カメラと記録装置との間の配線が不要となることで、例えば、外壁に穴を開けるといった大掛かりな工事と費用が不要となります。一方、デメリットとしては、Wi-Fiなど何らかの原因により電波が安定せず途切れてしまうと、その間の映像が映らないといったリスクがあります。

ウェアラブルカメラ

「アクションカメラ」とも呼ばれ、日本ではGoProで有名になりました。身体やヘルメットなどに装着し、ハンズフリーで撮影する事を目的とした小型カメラの総称です。通常のビデオカメラより軽量で、耐水・耐衝撃性能に優れているため、通常のビデオカメラでは撮ることが難しい迫力と臨場感のある映像が撮影できます。

エッジAIカメラ

エッジとは「端」のことで、IoTの分野においてはコンピュータネットワークの人間側の末端装置のことを指し、ここではAIを搭載した「カメラ」を意味します。また、「エッジAI」には、エッジ側で学習から推論(判断)まで処理を行うタイプと、エッジ側で推論処理のみを行う2つのタイプがあり、前者は処理結果のみをサーバーやクラウドへ送信することで、処理スピードの向上と情報漏洩リスク低減、通信コストの削減が期待できます。一方で、ディープラーニングなどの機械学習技術は膨大なデータ処理を必要とするため、リアルタイム性を要する推論(判断)部分だけをエッジデバイス側で行い、学習はクラウド上で行う形式が一般的となっています。

ネットワークカメラの用途・利用例

ネットワークカメラには、敷地内に忍び寄る不審者を感知し、自動的に撮影を開始(静止画・動画)するセンサー付きタイプの監視カメラや、鮮明な高画質デジタル映像を録画できるタイプなどがあり、死角をなくし侵入者を監視・記録するカメラがあります。また、勝手口など薄暗い場所や夜間の照度が低い場所でも継続した監視を行うなど住宅敷地内の屋外でも安定した画像記録ができるカメラもあります。ここでは、実際の使い道について例をご紹介します。

ネットワークカメラ 取り付け

マーケティングソリューション

主に法人向けで人数カウント(人感センサー)で使われます。導入先は、商業施設、コンビニエンスストア、飲食チェーン店(フランチャイズ)、ホームセンター、コインランドリー、展示場出展ブース等があり、用途は、来店者の属性分析から、エリア別滞在時間の把握、店舗内の導線設計、商品売上と属性の最適化した在庫管理、リピーター率の計測、接客態度の数値化、顧客満足度の測定などがあります。

建設現場

建設現場にネットワークカメラを設置することで、業務コストの削減と管理レベルの向上が期待できます。前者は、建設現場に行かなくても、遠隔地から工事の状況を把握することができるようになるため、業務効率が改善されます。後者においては、現場の詳細を把握することができるので、安全管理の徹底に繋がります。その他、資材泥棒や現場事務所荒らしの防止にも効果があります。

総合病院・クリニック

医院は、カルテや患者情報など秘匿性の高い個人情報を預かる場所であるとともに、異物混入や医療ミスなど人命に関わる場所でもあり、防止や原因の究明ができるネットワークカメラの設置が強く望まれている現場です。また、防犯、徘徊・無断外出、点滴など、患者の治療の進捗確認や薬品庫の監視、看護師不足のためのスタッフ管理といった重要な目的もあります。

幼稚園・保育園

園内では安全管理の徹底が不可欠です。ネットワークカメラにより、園内の様子をくまなく録画することで、保育士の不注意等によるケガなどの事故の再発を防止します。また、IT機器の導入が遅れている業界ということもあり、保護者への説明(ライブ映像・画像モニタリング)や職員の方々との会議ツールとして、その他、不審者等の防犯対策への活用が期待されています。

工場

トレーサビリティによる食品異物混入事件といった従業員の悪意によるトラブルを抑止効果があります。また、不審人物や盗難等の日常防犯、倉庫の荷物、そこで作業する作業者の挙動監視、トラックの荷物の盗難や事故等、運送業におけるトラブル防止にも利用されています。その他、記録映像を活用し正確な作業時間の測定、作業分析、技術の継承・伝承や作業者意識の向上にも役立てられています。

農業

防水、防塵、侵入検知や暗視(赤外線ビームセンサー)機能を備えたネットワークカメラは、畑や牛舎、ビニールハウス等での獣害対策や盗難対策に防犯カメラとしての役目を担います。その他にも、農業の人手や後継者不足、労働条件の悪さからなる後継者不足、国産の安心な農作物の需要拡大、農作物窃盗被害の大規模化・組織化対策なども期待されています。

マンション・アパート

集合住宅でのネットワークカメラは、築年数の古いアパートから、小規模・中規模・大規模マンションと幅広く活用されています。その導入目的は、不審者の侵入、駐車場の車上荒らしや悪戯、駐輪場の自転車やバイクの盗難、メールボックスへの迷惑チラシやセールス等の出入監視、エレベーター内での落書きや痴漢行為、待ち伏せ強盗などの抑止です。トラブルが発生した際に映像は有力な証拠となる他、セキュリティによる安心感は入居率アップなど資産価値の向上にも繋がります。

NWカメラの設置・保守はバディネット

ネットワークカメラは直接インターネットに接続することができ、内蔵のWebサーバー、 FTPクライアント、電子メールクライアントを持ち、プログラム機能、アラーム機能など様々な機能を搭載することができます。そして、インターネット環境さえあれば どんな場所でも設置することができる点や、当社も深く関わっている「IoT(Internet of Things)」を構成する一要素と使われているため、その用途は実に多種多様です。

ネットワークカメラの設置工事・保全保守業務でお困りの際は、下記ボタンのリンク先フォームより実績豊富なバディネットに是非ご相談くださいませ。

ネットワークカメラの設置工事・保全保守業務お問い合わせ