コラムTREND

酒気帯び確認の電話対応外注コールセンター業務委託

酒気帯び確認の電話対応外注コールセンター業務委託

こちらのページでは、東証JASDAQ上場企業であるAKIBAホールディングスグループの株式会社バディネットが、警視庁の案内を基に2022年4月1日から施行される白ナンバー車の飲酒検知器検査に関する情報を紹介しています。当社のコールセンター代行サービスでは、安全運転管理者が運転者の応答の声の調子(ろれつがまわっていないか等)を電話で確認する酒気帯び確認の業務委託を承っております。早朝や深夜、土日など不特定の時間にも外注可能な24時間有人コンタクトセンターに関するお問い合わせは、本ページ下部にある「お問い合わせ」ボタンよりお願いいたします。

各項目にリンク:→ 安全運転管理者の業務 / → 安全運転管理者の選任 / → 運転前後のアルコールチェック / → 酒気帯びの確認方法

※「事業所の飲酒運転根絶取組強化」を目的に、令和4年4月より改正道路交通法施行規則が順次施行されます(アルコール検知器を用いた確認は令和4年10月1日施行)

酒気帯び 検査

安全運転管理者の義務化される業務内容

◆2022年4月1日施行
・運転前後の運転者の状態を目視等で確認することにより、運転者の酒気帯びの有無を確認すること。
・酒気帯びの有無について記録し、記録を1年間保存すること。

◆2022年10月1日施行
・運転者の酒気帯びの有無の確認を、アルコール検知器を用いて行うこと。
・アルコール検知器を常時有効に保持すること。

自動車を使用する事業所は安全運転管理者の選任が必須

◆安全運転管理者の選任
一定台数以上の自動車の使用者は、自動車の使用の本拠(事業所等)ごとに、自動車の安全な運転に必要な業務を行う者として安全運転管理者の選任を行わなければなりません。自動車の保有台数に応じて副安全運転管理者の選任が必要になります。安全運転管理者・副安全運転管理者になるには一定の要件があります。

→乗車定員が11人以上の自動車1台以上。または、その他の自動車5台以上※自動二輪車(原動機付自転車を除く)は1台を0.5台として計算

◆安全運転管理者の業務
・交替運転手
・運転者の適性等の把握
・運行計画の作成
・交替運転者の配置
・異常気象時等の措置
・点呼と日常点検
・運転日誌の備付け
・安全運転指導

◆安全運転管理者の届出
・安全運転管理者等を選任した時は、その日から15日以内に事業所を管轄する警察署に必要書類を提出してください。
・安全運転管理者の制度に関するご不明点は、都道府県警察のホームページをご覧いただくか警察署へお問い合わせください。

安全運転管理者による運転者の運転前後のアルコールチェックが義務化

◆2022年4月1日施行
・「運転前後の運転者の状態を目視等で確認することにより、運転者の酒気帯びの有無を確認すること。
・酒気帯びの有無について記録し、「記録を1年間保存すること。

◆2022年4月10日施行
・運転者の酒気帯びの有無の確認を、 「アルコール検知器を用いて行うこと
※呼気中のアルコールを検知し、その有無又はその濃度を警告音、警告灯、数値等により示す機能を有する機器
・アルコール検知器を常時有効に保持すること

酒気帯びの確認方法について

◆酒気帯びの有無を確認するタイミング

業務としての運転前後となります。道路交通法施行規則第九条の十第六号に定められている「運転しようとする運転者及び運転を終了した運転者」における「運転」は、一連の業務としての運転を指すことから、同号に定められた酒気帯びの有無の確認(以下「酒気帯び確認」という。)は、必ずしも個々の運転の直前又は直後にその都度行わなければならないものではありません。運転を含む業務の開始前や出勤時、及び終了後や退勤時に行うことで足り得ます。

◆目視等での確認方法(従業員が宿泊先から出勤する場合や取引先等へ直行直帰する場合)

「目視等で確認」とは、運転者の顔色や呼気の臭い、応答時の声の調子で確認することを指します。運転者の酒気帯び確認方法は対面が原則とされますが、勤務場所に直行直帰する場合等、対面での確認が困難な場合には、これに準ずる適宜の方法で実施することが可能とされています。

◆酒気帯び確認の記録表

酒気帯び確認後、記録簿として下記事項1年間の保存が義務化されています。

・確認者名
・対象の運転者
・運転者の業務に係る自動車の自動車登録番号又は識別できる記号、番号等
・確認日時
・確認方法

アルコール検知器の使用の有無(2022年10月1日から適用)
対面でない場合は具体的方法
・酒気帯びの有無
・指示事項
・その他必要な事項

◆アルコール検知器の性能要件

性能上の要件は無いとされています。アルコール検知器については、酒気帯びの有無を音や色、数値等により確認できるものであれば問題なく、性能上の要件は問われていません。※「アルコール検知器」は、アルコールを検知して、原動機が始動できないようにする機能を有するものを含まれます

酒気帯び 確認

酒気帯び確認の電話対応はバディネットに委託!

当社バディネットでは、自社でコールセンターを運営しており、また、アウトソーシングも受託しているため、コンタクトセンターの立ち上げや一次対応など、ご要望に応じた業務を代行・運用することが可能です。ご相談、ご要望等ありましたら、下記リンク先お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせくださいませ。

コンタクトセンターに関するお問い合わせはこちら