導入事例/ケーススタディ

ケーススタディ・
トライアル
プロジェクト

ケーススタディ・トライアルプロジェクト

ビルが密集した繁華街エリアにおいて
電波網を良質にして検証するプロジェクト

ビルが密集した繁華街エリアにおいて
電波網を良質にして検証するプロジェクト

本ページのケーススタディは全国展開プロジェクトの前段となるトライアル施策です。

クライアント課題

携帯電波が全国カバーになった今でもビルが密集した繁華街エリアにおいて(特に地下店舗等)不感地帯があるか?
あるならプッシュ型で積極的に対策(改善)し、電波網を良質なものにし検証したい

要望

  • 小規模エリアでトライアルを実施し、その結果を基に全国展開の可否の判断、および、展開スキームの構築をする為の細密なレポーティングデータと考察が欲しい
  • クライアント企業保有の分析データと実績データを比較した際に整合性があるか

発注・依頼条件

通信工事(電波対策に必要な調査・施工業務)業務だけでなく、お客様への営業(折衝)業務と電話の受発信業務

(コールセンター運営)の実施、アクション結果の細密なレポーティングとデータの分析・解析からなる

全国展開時のプランニング案提出。

実施期間

1.5か月

対象エリア

東京都内23区の複数の繁華街

対象件数

エリア内1.600店舗

対象業種

飲食店を中心とした商業店舗

業務受託内容

調査対象店舗リスト作成

アセスメントシート内容のヒアリング

対象店舗での電波測定

電波対策の提案

契約締結

電波対策工事

デイリータスク

進捗報告書

ヒアリング報告書

測定調査報告書

同意書(内諾サイン)

不在連絡票

チラシ、説明資料

工事完成報告書

使用ツール

スタッフジャンパー

訪問スタッフ証明書

名刺

電波測定ツール(測定器)→電測箇所は店舗入り口付近、電波が悪い箇所、1フロア二カ所以上

 

トライアル実施方針

①全国において水平展開ができるよう、手法(トークスクリプトやツール等)を統一、訪問員の営業レベルにおいても平均的なメンバー中心に実施。また、エリア別にパフォーマンスに差異が出ないよう、全エリアにおいて同等のパフォーマンスを投下するよう調整を行った。

 

②アプローチは、特に各業種において最も訪問が有効である時間帯を狙って、効率的な訪問活動を行った。

分析方針

①各エリア・各業種・時間帯別等、今回のトライアル実績を多角的に分析を行った。

②クライアント企業において各担当者様が多様に分析ができるよう、一定の方向性での分析(結論つけ)を避け、実数を統計の形式で表記

レポーティング内容(エリア毎の稼働結果)

稼働工数

稼働日数

対象店舗数

決着がつくまでの店舗あたり平均訪問回数

 

エリアごとの営業ステータス

ヒアリングシート回収数

電波測定数

同意書(内諾サイン)数